トップページwhat`s new?制作現場作品ファイル道具三昧ナリの木about memail展覧会その他
タイトル

木目131009

制作年月

2013年10月

サイズ・素材

h44cm,w15cm,d11cm
(including the frame)
h79cm,w45cm,d13cm

杉、アクリル樹脂塗装、

Photo

2014.02
ギャラリー檜plus

撮影 富澤享

コメント

 木という素材が 日常生活にどのような状態で存在するかといえば 板として存在する場合が多いのではないか?  そこで私は板を筒状に立体構成した。
 何気なく目にする木の箱、その木にも木目があり、それがブラストされて木目がさらけ出されたとき、それを見た人は 木の存在とそこに存在した自然の表情に驚く。それが私の願いである。
  木表(丸太の外から木目を見た場合)と木裏(丸太の中心から木目を見た場合)で木目の表情は 大きく違う。 木表は 上品で温和しい。木裏は 激しく揺れ動く。

 

このページのトップへ

inserted by FC2 system