トップページwhat`s new?制作現場作品ファイル道具三昧ナリの木about memail展覧会その他

 

2015/05/30

ケヤキ20150528

 朽ちた表層を削り落としていく。チェンソーで皮を剥ぐように切り落とす方法もあるが 戸谷風にチェンソーで切り込みを入れて表情を付けながら 徐々に削り落としていく。そうすることで 粗いマチエールの中に有機的な形態が見えて 形が作り易くなる。
 それにしても 戸谷茂男はよく思い切ったものだと思う。そしてそれを認める時代がよくもまあ運良くそこにあったものだ。戸谷風はいくらでも作れるが 最初にその価値を創造することが まさに美の創造なのだと思う。

inserted by FC2 system