トップページwhat`s new?制作現場作品ファイル道具三昧ナリの木about memail展覧会その他

 

2013/10/24

木目ブラスト

 三つ目の100mm木片筒状直方体を完成させた。木口の表情と板目の表情が すっきりと見えて これまでよりも表情が見やすくなった。大きな木片と大きな空間の筒料直方体をもう少し作っても良いと思った。しかし今は 次のテーマへ進むことにする。
 次は 釘と木片である。最近では インパクトドリルとビスを使うことが多くなった材木の固定方法ですが 一昔前は 釘と玄翁が当たり前でした。子供の頃は 大工さんの見よう見まねで そこら辺に転がっている木片を重ね合わせて 釘を打ち込んだものでした。小学校の工作や 中学の技術の時間にも 本立てや椅子を釘を打って作りました。材木と釘というすごく当たり前の組み合わせで立体の構成をしようと思う。しかもそこに材木に深く打ち込まれた釘が見えてしまうという面白さが加わるのです。
 もう一つ、これまでの見せ方と違う見せ方をしようと思う。5寸釘を支柱にして小品を宙に浮かせる。これまでは テーブルに無造作に置くことで 物体、ものとして意識させようとしていたけれど(本当は 見せ方にあまり意識を払おうとしていなかっただけ。)、細い支柱を使うことで 立体が 重力から解放されたような見え方になる。例えばそれは作品の水平垂直をあえて崩すことも可能になる。
  とにかく やってみたら チョッと面白い見え方をしたので このシリーズで釘と木片を作ってみる。  

inserted by FC2 system